交通事故問題

押さえておきたいポイント

  • 保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することができます
  • 適切な保険金を受け取るには、欠かせないプロセスが存在します
  • 治療を続けても完治が見込めない場合は、後遺障害の申請を行います

交通事故被害に遭われた方は、本来、十分な補償を受けるべきです。しかし、保険という制度があることにより、「保険金が全て」と思われていないでしょうか。我々弁護士は、ご依頼者が不利益を被らないよう、法律の目で内容を精査いたします。不審な点があれば、警察から実況見分調書を取り寄せることも可能ですので、ぜひ、ご一任ください。

早期解決へ向けた注意点

交通事故に遭われたら、必ず警察を呼び、現場を記録してもらいます。そうしないと、後で争うにしても材料がなく、証人を集めることから始めないといけません。お体に異常がなく安全であれば、現場の状況をわかる範囲で覚えておきましょう。また、当事者同士で連絡先を交換しておくことも忘れないでください。

補償額を上下する「3つの基準」

同じ事故でも、用いられる基準により、慰謝料や損害金の額面が変わってきます。最も低いのは、強制加入による「自賠責基準」です。その次が、保険会社による「任意保険基準」。そして最も高いのが、どの程度の補償なら公平なのかという視点に立った「裁判基準」になります。

この「裁判基準」は、民間企業と異なり、収益性という制限が課せられません。また、日弁連では、早期解決に向けたガイドラインといえる『損害賠償額算定基準(通称・赤い本)』を出版しています。比較検討のうえ、ご依頼者に不利な条件が提示されているのであれば、速やかに是正していきましょう。

適切な賠償金を獲得するために

保険会社の話に不満や不審点を感じたら、当事務所の無料法律相談をご利用ください。例え過失割合が「1」違うだけでも、総額の大きさによっては、顕著な違いになって現れるでしょう。また、保険に「弁護士特約」が付帯されていれば、費用の心配をせずにご用命いただけます。

良くある質問

Q

病院へ行ったのですが、交通事故被害の治療には「健康保険が使えない」とのこと。実費を請求していくしかないのでしょうか。

A

あなたが被害者の場合に限りますが、最寄りの役所や健康保険事務所から『第三者行為による傷病届』を取り寄せ、医療機関に提出することで、健康保険が適用されます。費用負担による恩恵を得られるのは加害者であるため、被害者の保険を使うことがなじみません。この矛盾を解消できるのが、『第三者行為による傷病届』になります。

Q

医者から、「症状が固定してきたようですが、治療を続けますか」と言われました。今後、どうすれば良いでしょうか?

A

「症状固定」とは、症状が一進一退を繰り返す状態のことです。治療の効果が得られないなら、後遺障害の申請へ切り替えていくことになります。具体的な補償額は、1級から14級まである後遺障害等級に応じて決まります。なお、後遺障害慰謝料が成り立つことも考えられますので、一度、弁護士へお問い合わせください。

Q

自転車で車との交通事故に巻き込まれたのですが、弁護士に相談することは可能でしょうか?

A

もちろんです。自転車による交通事故は事例の蓄積が少ないため、車同士の基準を用いられる可能性があります。しかし、自転車は車と比べて弱者であるため、相手方の安全配慮義務違反などを、より強く訴えていくべきでしょう。個別の事情をきちんと反映させるためにも、専門家のアドバイスをご活用ください。

交通事故問題に関する弁護士費用

示談交渉 着手金 10万円~
報酬金 ご依頼者の経済的利益により変動いたします。
経済的利益の額着手金報酬金
金300万円以下の部分 2% 4%
金300万円を超え、金3000万円以下の部分 1% 2%
金3000万円を超え、金3億円以下の部分 0.5% 1%
金3億円を超える部分 0.3% 0.6%
交通事故に関する訴訟 着手金 10万円~
報酬金 ご依頼者の経済的利益により変動いたします。
経済的利益の額着手金報酬金
金300万円以下の部分 8% 16%
金300万円を超え、金3000万円以下の部分 5% 10%
金3000万円を超え、金3億円以下の部分 3% 6%
金3億円を超える部分 2% 4%

着手金及び報酬金については、基準となるものであり、事件の内容やご依頼者の経済状況等に応じて協議し、その金額を決めていきます。

ぜひ、「無料」の法律相談を
ご利用ください

ぜひ、「無料」の法律相談をご利用ください

目の前で起きている「困った」に対し、どこに問題があって、何をすれば改善できるのかを、一緒に話し合ってみませんか。当事務所の法律相談では、ここまでのプロセスを、初回に限り1時間無料で行っています。将来に対する明るい見通しが立ったら、そのとき初めて、依頼されるかどうかをご検討ください。

top06_bn01.png

24時間受付可能です。相談予約フォーム

弁護士ブログ よくある質問 ケースの紹介
2017年弁護士の選び方VIPに選ばれました
「中野坂上駅」「新中野駅」から徒歩約7分 TEL:03-6304-0927 ご予約はこちら